のん太ロゴマーク
文字サイズ
標準
拡大

よくある質問

利用者番号、パスワードが分からない(忘れてしまった)

利用者番号は、図書館利用カードに記載されている番号です。
パスワードは、図書館利用カード作成時に、仮パスワードを設定しています。(変更可能)

詳しくは窓口またはお電話にてお問い合わせください。

仮パスワードでログインができない場合には、こちらを確認の上、初期化手続きをしてください。

eメールアドレスの登録方法がわからない

まず、この画面上部設置の「利用照会ページ」ボタンからページを開きます。
携帯電話の人はhttps://libm.city.higashihiroshima.hiroshima.jpから開いてください。
次に、画面に表示される利用者番号欄とパスワード欄に入力し、ログインを行ってください。
『メールアドレスの設定」は、表示された画面中の「eメールアドレスの変更」で新規の登録や変更ができます。
(新規登録の場合も、「新メールアドレス」欄に入力して「変更する」にしてください。)

予約の連絡方法が「連絡不要」しか選べない

ホームページから予約する場合、連絡方法は「eメール」か「連絡不要」の2種類だけです。(電話は選択できません)
連絡方法「e-メール」は、メールアドレスを登録していない場合には表示されませんので、上の「メールアドレスの登録方法がわからない」を確認して、メールアドレスの登録を行ってください。

「予約の上限を超えています」と表示される

ホームページから予約できる冊数は、本と雑誌は合わせて5冊まで、視聴覚資料はそれとは別に3点までです。
予約している本などは、上部設置の「利用照会ページ」ボタンから確認できますので、ログインした後、「予約中一覧」及び「予約確保一覧」を確認してください。(予約中一覧には「まだ借りることができない予約本」、予約確保一覧には「もう借りることができる予約本」が表示されます。)
制限冊点数を超えていないのに「予約の上限を超えています」と表示される場合には、システムの不具合等が考えられますので、お手数ですが中央図書館(082-422-9449)までご連絡ください。

「指定した予約受渡館に利用可能な資料があるため、予約できません」と表示される

本などが、受け取りを希望する館の書架にある場合、予約することができない運用としています。
ご理解をいただきますようよろしくお願いします。

予約した本がいつの間にか「予約中一覧」から消えてしまった

上部設置の「利用照会ページ」ボタンから確認できる予約本は、受渡準備が完了するまでは「予約中一覧」に表示されますが、受渡準備が完了したら「予約確保一覧」に自動的に移動します。
「予約中一覧」から表示が消えたときは、「予約確保一覧」を確認してください。

貸出期間の延長ができない(延長ボタンが表示されない)

貸出期間の延長は、「貸出期限を過ぎていない」かつ「次に予約待ちのお客様がいらっしゃらない」ときに、「1回に限り」行うことができます。延長手続き後の貸出期限は、手続きをした日から2週間後です。
但し、移動図書館車で貸し出しした本などは、上記にかかわらず、貸出期間の延長はできません。
上部設置の「利用照会ページ」ボタンから「貸出中一覧」を確認した際、各書名の右側に「貸出延長」ボタンが表示される本のみ延長手続きができます。

貸出期間の延長をしたのに、期限が延びない

 貸出期間の延長は、「延長手続きをした日」から2週間延長されますのでご注意ください。
 例)11月 1日に借りた11月15日期限の本を、
 (1) 11月 2日に延長手続きをした場合
  → 延長後の貸出期限は11月16日(11月 2日から2週間)です。
 (2) 11月15日に延長手続きをした場合
  → 延長後の貸出期限は11月29日(11月15日から2週間)です。